ブログ, 恋愛のお悩み解消, 潜在意識とつながる

朝と晩の一日5分の 潜在意識を活用して理想の人を 引き寄せる

婚活中の方へ

理想の人がいない、

出会っても後が続かない

とお悩みはありますか?

 

そんな時は、潜在意識を活用しませんか?

 

朝と晩の一日5分の

潜在意識を活用して理想の人を

引き寄せることができます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~

 

120%の潜在意識活用

愛と豊かさを引き寄せる

 

3分で心のブロックを根本から外す

アロハヒーリングセラピ

 

潜在意識の専門家

藤士恭子(ふじ きょうこ)です。

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの望みが叶わないのは?

どうして!?

体験セッションでは、

あなたの潜在意識の中にある

心のブロック(原因) を

紐解いてお伝えいたします。

❤️明日 9月12日(水)から 10名限定で

募集いたします。

https://peraichi.com/landing_pages/view/alohakiyo1

==============

 

朝と、晩に潜在意識を活用すると

なぜいいのでしょうか?

 

それは、脳波が「アルファ波」の

状態になっているからです。

 

その状態は、潜在意識と

繋がりやすくなります。

 

潜在意識は、質問をすると

必ず答えてくれます。

 

その答えは、言葉だったり

画像としてのイメージだったり、

 

私は、潜在意識に聞くと

映画のワンシーンを見ているように

脳裏に浮かんできます。

 

朝と晩に「お姫さまレッスン」を

生徒さん、クライアントに

していただいています。

 

あなたは、お姫さまです。

(妄想の世界で)

 

妄想するだけです。

 

妄想すると、それが潜在意識に

落とし込めます。

 

執事と王子様もいます。

 

あなたは、どんなお姫さまに

なっていますか?

 

私も、毎日お姫さまレッスンを

しています。

 

私が妄想するお姫さまは、

 

いつも優雅に振舞っている

(朝はゆっくりと起きている<

執事が起こしてくれる)

 

ふんわり笑顔

(リラックスをしていて笑顔)

 

愛に満ち溢れている

(好きな人のことを思い浮かべます)

 

丘の上に立つ御殿に住んでいる

(眺めの良いラナイでお茶をしている)

 

毎月、たくさんのお金が入っている

(妄想している)

 

栄養のある美味しい食事を執事が作ってくれて

王子さまと一緒食べている

(理想の王子さまと幸せに時間を過ごしている)

 

このように感じで朝を2〜3分過ごします。

 

もし、この時に嫌な態度の人が

浮かび上がってきたら

それは、嫌な執事として

即退散させます。

 

この嫌な執事は、

心のブロックが出てきた時なんです。

 

手放しましょうというサインですね。

 

晩は、王子さまの登場です。

 

王子さまから自分にかけてほしい言葉を

囁きます。

 

彼や夫や周りの人から

かけてほしい言葉は何ですか?

 

あなたのコンプレックスを

認める、癒す言葉かしら。

 

あなたが幸せな気持ちになる

言葉を囁いてくださいね。

 

このレッスンをしていると、

不思議なことに

いろんな場面で周りの人の対応が

VIP対応になってきます。

 

クライアントさんが婚活中で

理想の人と出会っていますと

 

これで、彼ができました。

 

彼と復縁しましたとご報告もあります。

 

 

なんと言ってもあなたの運気がアップして、

波動が上がります。

 

ぜひ、婚活中の方は

お試しくださいね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【無料メール講座】 こちらで、体験セッションの詳細をご案内します。

潜在意識の使いかたがマスターできる無料メルマガ講座

https://www.agentmail.jp/form/h/734/1/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

幸運を引き寄せるセラピスト実践! 7日間無料講座

https://www.agentmail.jp/form/h/11368/1/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

潜在意識活用法 開運情報 引き寄せの方法

セラピストになりたい方も

お役に立つ情報を発信しています。

【特典】あります!
LINEでご相談トークもしましょう♪
お友達になってください♡

 

Share on Facebook

コメントを残す